キラキラ起業女子コンサルによる起業塾の実態。恐るべきその内容とは?[2]

 

前回は、今話題になっている

【キラキラ起業女子】

について徹底解説をおこなった。

 

キラキラ起業女子コンサルによる起業塾の実態とは?体験者は語る[1]

 

 

◆大きくまとめると

①無形商品(コンサルティング、コーチング)を長期にして

30万円など高額のサービスを販売する

 

②集客方法は主にFacebook・アメブロにて行う

 

③商品内容・サービス内容が外向きには分からない

 

という、一般的感覚から見ると大変特殊な世界となっている。

 

 

本日は

『ここが変だよ!起業女子』というサブタイトルを付けたい

起業女子によるビジネスの内容を

実際にキラキラ起業女子の高額塾に入ってしまった人の声を元に記していきたい。

 

 

一般的なファネルマーケティングを採用

 

 

【ファネルマーケティング】とは、

『ファネル』日本語では「漏斗」型のルートで見込み客を囲い込んでいき

最終的に購入に到達させる手法です。

 

以下のような『じょうご型』になっています。

 

 

起業女子と言えど、いきなり高額商品を販売はしません。

 

上記の図で言う『認知』フェーズはFacebook・アメブロにあたり、

そこから

 

メルマガ、LINE@などで見込み客を教育

↓↓↓

安価なフロントセミナーに呼び込み、

↓↓↓

高額バックエンドへ誘導

 

という流れを取っている場合が多いです。

 

 

各フェーズで適正な行動をとっていればいいのだが…

 

上記のファネルマーケティングは一般的な手法なので、

それ自体を採用していることはもちろん問題がありません。

 

ただ、キラキラ起業女子、つまりビジネス初心者にありがちな行動として

 

◆フロントエンドが内容のわりに高額(単なるお話会なのに2万円など)

◆バックエンドの内容が不明瞭なまま高額販売

(自分が売った方法をそのままやらせる、一般的なビジネスを知らない)

 

といった、

『息の長い商売を続ける気がない』

のではないかと思われるような行動に出たりします。

 

つまり、今稼げればいい。

実績作り、評判、後先を考えていないようにも見える行動で

ビジネスごっこを行っている人が多いのが残念な特徴です。

 

 

実際に起業塾を開催している女性は

 

『まずは(お客様を)集めることが大事。

商品は後からでもいい』

 

と、堂々と教えていました。

 

本当にそれでいいのでしょうか??

 

 

 

『ビジネス』を承認欲求を満たす道具にしている

 

「華々しくビジネスをしている私」を見せて、憧れられたい!!

あわよくば、お金が欲しい!

でも、私生活に影響がない程度にやっていきたい。

 

全てのキラキラ起業女子が上記だとは言いませんが、

かなりの割合が、この欲求に集約されていくのも事実。

 

 

放っておいても淘汰されるのは目に見えていますが、

志を持って起業しようとしている女性が食い物になるという

被害者がこれ以上増えることだけは、ないことを祈ります。

 

 

 

しっかりした商品設計で、息の長いビジネスするためのメール講座

 

高単価でも「ぜひ、買いたい!!」と言われる商品・サービスが作れるメール講座