起業コンサルタントの未来は?食っていくために必要なスキル

 

ベンチャーブームから、起業ブームへ。
誰でも起業できるような時代になりました。

 

そして、起業に生かせるような経歴や経験がなくても
コーチングなどの『無形商品』を売ることによって
ビジネスを始めるケースも少なくありません。

 

 

特にSNSを利用した集客をメインとしているビジネスは

誰でも「気軽に」起業できる、
そんなイメージが持たれやすくなっています。

 

 

起業ブームに乗った「お客様」のための
『起業コンサルタント』がどんどん増えている中、

 

稼げる起業コンサルタントと、
稼げないコンサルタント…

差が出るのはなぜでしょう?

 

 

要因は様々ながら、

「ここを気を付けないと起業コンサルタント寿命を縮める!」

 

という重要事項について考えてみたいと思います。

 

 

起業コンサルの次は、〇〇コンサルタント?!

 

『普通のOL、主婦、ママでも起業できる!』

 

そんな風潮があったからこそ、

起業コンサルタントにお金を払ってまで学びに行く。

そういった状況が出来上がっていました。

 

そして『起業ブーム』に早く乗れば乗るほど、

起業コンサルタントは

分かりやすいベネフィットを見せさえすれば、お客さんがついてきました。

 

そうして稼いでいった起業コンサルタントから

「起業コンサルタントになるための方法」を学んだ人が増え、

 

そして起業コンサルタントが増えていく…

 

需要過多になるのは当然です。

 

 

 

さて、

現在はどうでしょうか??

 

それに気が付いた起業コンサルタントや

ただ「起業して稼ぎたい」だけの人たちは

 

 

『集客コンサルタント』

 

になって行っているではありませんか…!!!

 

 

 

あなたなら、

この事態をどうとらえますか?

 

 

①今『集客コンサルタント』が稼げるのなら、行動あるのみ!

 

②また市場が飽和状態になるだろう。やるだけ無駄。

 

 

どちらが正解でしょうか?

 

 

ハッキリ言って、どちらも正解です。

正確に言えば、

 

②を想定したうえで、①の行動をする

 

これが

『独立起業し、ビジネスを営んでいく』上での行動指針になっていきます。

 

 

 

 

マーケットの流れを見て、○○○を知ること

どんな市場、製品であっても

爆発的に売れる時期があるのなら、必ず衰退期が訪れます。

 

単純に、そのサイクルに当てはめてみること。

 

  1. 導入期
  2. 成長期
  3. 成熟期
  4. 衰退期

 

起業ブームを上記のサイクルに当てはめてみれば、

ブームは明らかに『成熟期』に入っています。

 

ここで、全体像が見えずに、闇雲な

・起業支援

・集客支援

 

のみを行っていても、衰退期に巻き込まれていくだけです。

 

では、どうすれば??

 

 

その根本的な打開策。それは

【消費者の欲求をとことん知る】

 

これに尽きると思います。

 

 

今、流れを読む起業家たちは

【コミュニティ】の在り方に注目しています。

いくらオンラインで集客、販売が出来たとしても、

 

結局は皆、【人と人との繋がり】を求めています。

 

 

オンラインサロンや、人と人とが関わり合える場の提供によって

ビジネスが成立する。

 

これもひとつのビジネスアイデアですね。

 

 

もっと、

視界をズームアウトして見てみる。

長期的な視野で見てみる。

 

この姿勢が必ず必要となってきます。

 

 

高単価でも「ぜひ、買いたい!!」と言われる商品・サービスが作れるメール講座