起業して成功するための経営者の従業員教育②我慢強くある必要性

 

 

 

相手が子供であれ、大人であれ、同性であれ、異性であれ、

教育するためには強い意志と覚悟が必要になります。

 

植物育てる時、土を耕し、種を植え、養分を与え、水を与え、

長い時を費やしてようやく花は咲き、実が付くのです。

 

人の教育はまさにこれと同じです。

 

経営者が感情的に叱ったり、

強い命令をしてもそれは従業員の教育とはいえません。

 

 

顧客満足を追求して行き着いた姿の一つが、スターバックスでしょう。

 

スターバックスは従業員の主体性を最大限に発揮できるように

大幅な権限の委譲を行っています。

 

それが従業員の意欲を高める「エンパワーメント」になっているのです。

 

そのためにスターバックスでは業務の80%をマニュアルレスにしていることで有名です。

 

だからこそスターバックスは従業員の教育に力と時間とコストを費やしています。

 

創業者であるハワード・シュルツ氏の理念や志を徹底的に伝えて実践するだけでなく、

そのための研修の充実ぶりも定評があります。

 

起業した会社を継続していくためには、

顧客満足を実践する従業員がとても重要だということでしょう。

 

 

■我慢強くあることの必要性

従業員教育をするうえで、

経営者が日々信念やこだわりを一方的に話していても何も響かない場合があります。

 

自分の話を聞いて欲しかったら、相手の話をその倍聞く必要があるからです。

 

これは経営者にとってとても大切なことです。

 

 

従業員の話にしっかりと耳を傾けることで、

従業員は承認されたという実感を得ることができます。

 

自分の存在を承認してくれた相手の話は心から聞こうとするものです。

逆も成り立ちますので注意してください。

 

自分の伝えたい話ばかりをして、

従業員の話を聞かない経営者は孤立します。

 

どんなに正論であっても従業員が心を閉じているからです。

自らを承認しようとしない相手を信頼することはありません。

 

このように日々コツコツと従業員との絆を深めていくことが大切です。

 

起業する際にどうすれば店の情報が拡散するのか、

新規の顧客に魅力的に映るのか、ばかりを気にしていると、

 

起業時は上手くいっても、それを継続できなくなります。

 

従業員教育はマネイジメントの大切な一環です。

 

どのような手法で、どれくらいのコストをかけて従業員教育を行うべきか

事前に検討しておく必要があるでしょう。

 

 

事前にどんな知識を詰め込んで、

準備をしていても思ってもいないことが発生して問題化することはあるものです。

 

これは顧客へのサービスでもいえることですし、従業員教育にも通じる話です。

 

何か問題が発生した際にそれをどう受け止めるのか、

どう解決していくのか、これが店の評判を高め、従業員を育てます。

 

そんな経験が「ケーススタディ」となって

あなたのこだわりのサービスを全体に浸透していくことになるのです。

 

どんなことでもすぐに成果は上げることは難しいことです。

 

そこに至るまでにどこまで我慢できるのかが経営者に問われます。

努力は誰でもします。問題はそこから一歩抜きでることです。

そのためにも我慢強くあってください。

 

 

 

高単価でも「ぜひ、買いたい!!」と言われる商品・サービスが作れるメール講座