コンサルタントとして起業し成功するために発信するコンテンツ

 

 

 

以前、webマーケティングについてお伝えした際に、

「メルマガ」と「LINE@」についてご紹介しました。

 

ファンの獲得のためのWebマーケティング①メルマガ・LINE@の違い

ファンの獲得のためのWebマーケティング②メルマガ・LINE@によるサービス強化

 

 

こちらから積極的にサービスを発信していくことが、

「リピーター」という優良客となっていただくために重要だからです。

 

さらに新規顧客の獲得や顧客満足を高めるために

「ホームページ」「自社サイト」についてもご紹介しています。

 

今回はホームページの作成について、

「アメーバブログ」(アメブロ)と「WordPress」(ワードプレス)

に注目してみましょう。

 

 

■アメブロとワードプレスの違い

起業したお店を紹介したり、

サービスやコースの内容を詳しくアピールする場がホームページになります。

 

ポイントは、

①たくさんの人に見てもらうこと

②設定したコンバーション(目標)を満たすわかりやすい内容であること

 

以上の2点です。

 

まず①の「たくさんの人に見てもらうこと」ですが、

こちらはアメブロが有利です。

 

芸能人を含めてアメブロを利用している人たちはたくさんいます。

 

目を引くタイトルだったりすると

初めてでもびっくりするぐらいのアクセス数になったりします。

 

そこで気に入ってもらえれば、読者登録機能を活用して、

常に見たい内容を最新版で確認してもらえるようになります。

 

初めてのブログ、初めてのホームページにも係わらず、嬉しい反響があるはずです。

 

アメブロは初期費用が発生せず、維持費もかかりません。

無料で自分のホームページを作成できるわけです。

 

手ごろに始められて、操作もしやすいのがアメブロのメリットでしょう。

 

では、なぜドメイン費用やサーバー代金などを支払わなければならない

ワードプレスでホームページを作成する会社があるのでしょうか。

 

そもそもいきなりインターネット上に個人のホームページを立てて、

誰が見つけてくれるのでしょうか。

 

ワードプレスは、有料であること、

最初の頃はSEOに弱いこと、さらに操作が複雑であることなどのデメリットが存在します。

 

しかしほとんどの会社がワードプレスでホームページを作成しているということは、

デメリットをはるかに上回るメリットがあるからです。

 

ワードプレスは慣れるまでに時間がかかりますが、

慣れてしまうとカスタマイズしやすく、

アプリをインストールするように機能を拡張(プラグイン)することが可能です。

 

また、アメブロのように他社の広告がホームページの目立つ場所に表示されたりしません。

ですから②「設定したコンバーションを満たすわかりやすい内容」

を考慮すると

圧倒的にワードプレスが優れています。

 

アメブロも有料にするとある程度、他社の広告を排除することができますが、

それでも完全にはなくなりません。顧客は目移りしてしまいます。

 

そもそもアメブロではアフェリエイトも禁止されており、

商業活用とみなされると簡単に削除されてしまいます。

 

さらにアメブロのサービスが終了するとすべて終わりです。

更新してきた情報、顧客とのつながりが白紙に戻ります。

 

SEOについても長い目で見るとワードプレスの方が安定します。

 

あなたのお店に特化し、

あなたのコンバーションをしっかりと満たすためにはアメブロだけでは不十分です。

 

成功するために発信するコンテンツとして、

ワードプレスで自社サイトを作成することをお勧めします。

 

高単価でも「ぜひ、買いたい!!」と言われる商品・サービスが作れるメール講座