SNS起業家が陥りやすい勘違いと成功するためのポイント

 

 

最近では女性中心に「SNS起業家」という方も増えてきています。

どのようなカテゴリーなのか明確な定義は決められていませんが、
FacebookTwitterInstagramなどに投稿し、ファンになってもらい、

そこで商品を販売したり、セミナーに参加してもらったり、
コンサルタントの仕事を受けたりするものです。

 

初期投資の費用がほとんど必要ないという点が魅力的ですね。

そのために参入する際のハードルが低く、
これが爆発的に広がっている理由でしょう。

 

SNSで起業する場合の生命線は、

店や経営者の名前、サービスの内容などが、
どれだけマーケットに浸透しているのかということになります。

発信した内容を誰も読んでくれないのではまったく商売になりません。

日々凄まじい数の情報が発信されている時代です。
そこに飲み込まれてしまうことなく
自分をアピールしていくことが必要になります。

 

SNS起業家の成功するためのポイント

SNS起業のメリットは「速度」です。

起業したらやはりすぐに売り上げを出したいものです。

ブログを作っても見てもらわなければ効果はありません。
来客数に繋がるまでにタイムラグが生じるのです。

しかしSNS起業の場合はブログのような受け身ではなく、
発信するスタイルなので積極的に顧客を捕まえることができます。

 

FacebookでもTwitterでも同じことがいえますが、
SNS起業を成功させるポイントはどこにあるのでしょうか。

 

SNSの場合、閲覧者の「いいね」や「リツート」によって
発信した内容は拡散していきます。

拡散すればそれだけ多くの人に店やあなたのことを知ってもらうことができるのです。

ここで生まれてくるのが「大量行動」です。

友達を最低でも50,00人は作ること。他人の記事には「いいね」を押しまくる。

そして最低でも1日に50件はコメントする。
するとあなたの発信した記事も拡散しやすくなるのです。

 

SNS起業家の陥りやすい勘違いは、「発信=起業」という発想です。

商品が売れたり、あなたのサービスがしっかりと評価されて契約を結べない限り、
ビジネスは成立しません。

つまり単純に情報を拡散しているだけではSNS起業は成功しないのです。

 

個人で経営する以上は、個人経営の強みを活かしていく必要があります。

それは大企業や有名人には取り組めない部分への突き刺さりです。
一人の顧客とのパイプを太くすることがポイントになります。

つまりSNSは、多くの顧客を獲得するための拡散ではなく、
限られた見込み客をしっかりサポートするためにまず使用すべきなのです。

 

安い単価で大量の顧客を相手にするよりも、
一人の顧客に時間をかけて高価な商品を購入してもらったり、
高額なコースに申し込んでもらった方がはるかに効果的で、
個人経営のメリットを活かしているといえます。

SNSを使用すれば顧客との関係は深まります。

顧客は何を必要としているのか、どんな悩みがあって、
どんな解決策を求めているのかが見えてきます。

そこに突き刺さっていくことがSNS起業を成功させる大きなポイントなのです。