ファンの獲得のためのWebマーケティング③優良客を育てる

 

 

花や観葉植物は毎日のように水をあげ、
健康状態や環境に気を配って育てていくことが必要です。

手をかけないかぎり立派には育ちません。

顧客に関しても同じことがいえます。
お店や経営者が計画的に顧客を育てていくという視点が大切です。

 

ここでポイントにあげられるのが「リピーター」です。

あなたのお店のファンである顧客のことで、
セグメントとしては「優良客」というカテゴリーになります。

最も重要な顧客です。

起業の成功も、その継続もこのリピーターにかかっています。

ドラッガー氏によると
「全体の売り上げの8割はこのリピーターによるものです」。

まさに生命線といえます。

 

リピーターの重要性は、
その顧客の売り上げだけにとどまらないことです。

あなたのお店に愛着をもってくれれば
確実に口コミで拡散してくれます。

新規顧客獲得にかかるコストは10年前の10倍になっているそうです。

 

リピーターはそんな新規顧客獲得にも貢献してくれるのです。
SMMというソーシャルメディアマーケティングというものがありますが、
まさにこちらになります。

リピーターがSNSを利用して拡散してくれるのですから、
SMMはほぼ無料で効果を発揮します。

これをSNS広告であなたが行おうとすると有料となりますし、
リピーターの影響力より低いものになるでしょう。

今回も引き続き
「集客だけではなく、ファンを獲得するためのWebマーケティング」
についてお伝えしていきます。

 

■顧客管理とセグメント

顧客にも種類があります。

まったくの新規のお客様。
2ヶ月間で2度ほど来客してくれるようなお客様。
2ヶ月以上経過しても何度も来てくれるお客様。

さらに7ヶ月の期間の中で平均顧客単価の7倍以上を費やしてくれている
まさに「リピーター」と呼ばれるお客様。

セールなどの期間だけ来客して大量に購入してくれるお客様。

 

経営を成功していくためには、
この顧客のセグメントが重要になります。

まずはしっかり顧客データベースの管理を行いましょう。

そればっかりに時間を費やしてはいけませんが、
そのような準備も大切です。
地道な作業が大切になります。

 

そしてこのセグメントに対するアプローチを
しっかり変えていく必要があります。

まずは「リピーター」を手厚くもてなすことが肝心です。

特別感をしっかり感じさせるサービスをしてください。

リピーターのための特別商品や特別イベント、
LINE@の内容も特別感を演出してください。

このリピーターを絶対に手放さないことはとても重要になります。

 

セール期間に大量購入してくれるお客様も手厚くもてなしたいところですが、
ここは厳密にはリピーターとは異なります。

深追いしても優良客という存在にはなりにくい傾向がありますので、
労力をかける必要はありません。

 

新規顧客については、
まずはお店のサービスに満足してもらわなければ話が始まりません。

不満が高いともう二度と来客しないでしょう。

満足感を与えたうえで、
メルマガやLINE@を活用して今後の告知をしていきます。

初回購入からの3ヶ月が勝負です。

この期間で来客しなければ厳しいでしょう。
ですから最初の3ヶ月は最低でも週一回のペースで
メルマガやLINE@でお知らせします。