ファンの獲得のためのWebマーケティング①メルマガ・LINE@の違い

 

 

 

インターネットの普及、スマートフォンの普及、LINEアプリの普及によって
ビジネスの手法も大きく変わってきています。

インターネットを利用した広告は、テレビCMや雑誌への掲載、チラシなどのオフライン広告よりも
はるかに効果的であり、ローコストで済むからです。

 

個人サロンを経営するセラピストであっても、
コンサルタントとして起業する上でも、
Webマーケティングを知らずに成功するのは至難の業です。

もちろん専門的な知識や技術が必要な部分もあり、
セミナーに参加したり、専門のコンサルタントに依頼すべき点もありますが、

自分でできることもあります。

押さえておかなければならない知識やルールもありますので
ぜひ知っておきましょう。

 

今回から
「集客だけではなく、ファンを獲得するためのWebマーケティング」
についてお伝えしていきます。

 

■メルマガとLINE@の違い

Webマーケティングにはいろいろな手法があり、
さらに時代の流れと共にどんどん変化していっています。

あらゆることに精通しようとするとそれだけで業務が終了してしまいますので、
自分の店に効果的に活用できそうな内容だけをまずはピックアップしてみてください。

例えば集客施策においてSEO対策は重要なのですが、
時間がかかります。

全国を市場にしてビジネスをするわけではないのであれば、
優先順位はかなり後ろです。

 

今回は
一度来ていただいたお客様に、「リピーター」になってもらう手法
について触れていきます。

もちろんサービスが抜群であればまた来てくれるでしょうし、
コースで申し込んでもらえていれば確実に来客します。

それにはかなりの手腕が必要ですね。

もう少しハードルを低くしてリピーターになってもらう手法をご紹介しましょう。

 

それが
顧客に向けた「メルマガ」や「LINE@」の配信になります。

こちらで今後のお店のサービスやお得な情報を発信していきます。
顧客に「また行ってみたい」と思わせるためです。

両方取り入れるという選択肢もありますが、
自分で行う以上は時間に限りもありますので、どちらかに決めたほうがいいでしょう。

 

「メルマガ」と「LINE@」のどちらがいいのかと問題がありますが、
現代の状況を考慮すると「LINE@」がお得かもしれません。

2017年より「ステップメール」のサービスも始まりました。
(※ステップメールとは、事前に配信記事を複数個登録し、
例えば毎日同じ時間にその記事を順次配信する方法です)
これによりかなり計画的な再来訪施策が可能になっています。

 

二つの何が一番違うのかというと、
「顧客がその内容を目にするかどうか」です。

メールよりもLINEの方が、圧倒的に開封率が高くなっています。

それだけ読まれる可能性が高まるというわけです。

「ショップカード機能」も搭載しており、
印刷代も必要なく、ポイントカードを作ることもできます。
特典チケットを作成したり、配信することも可能です。

 

LINE@には顧客の数や配信数によって無料と有料がありますが、
10万人に無制限で配信できるサービスでも月額21,600円と公式アカウントよりも
はるかにリーゾナブルです。

他にも細かなルールはありますので、取り入れる際はよく確認してください。