サロン経営ってどうやるの?サロンオーナー向けコンサルタントについて

 

 

 

サロンオーナーとして起業を目指している場合、
誰にも相談せずに独力で進めていくことは難しいことです。

店舗を拡大していくのであれば、
経営者としての経験から既にノウハウがありますので可能かもしれません。

しかし初めての起業ともなれば話は別です。
強い味方がほしいはずです。

 

相談相手としては、
実際に勤めていた店の店長やオーナーがあげられますが、
退職し独立するのであれば相談しにくい相手でもあります。
出店する場所によっては直接の競争相手にもなりかねません。

 

起業塾に参加する案については前回お伝えしましたので、
今回はより個別に相談にのってくれる
「サロンコンサルタント」について触れていきます。

 

サロンコンサルタントをしている方は、
実際にサロンも経営しているケースが多いようです。

実際、起業するにあたって気になる点や不安点などをどんどん質問し、
答えを教えてくれるのは心強いですね。

 

 

■参加すべき起業塾について

サロンコンサルタントってどこで見つかるのだろう?

検索して出てくるようなコンサルタントたちのサイトには

6ヶ月で人気サロンになる」
「月に100万の売り上げを出せるようになる」

といった魅力的な広告が踊っているのです。

そこには実際にサロンコンサルタントに依頼した感想などが
起業オーナーの顔写真などと一緒に掲載されていることが多いです。
より信憑性を高めています。

 

前回もお伝えしましたが、
「集客」に関しては専門的なノウハウが必要でしょう。

起業塾や起業コンサルタントに
SNSの効果的な活用方法などは伝授してもらう必要があります。

 

仮に起業コンサルタントではなく起業塾を選ぶ場合のポイントは、

  1. SNSで実績を出している人のやり方を学ぶことができる
  2. 弁護士が開催する起業塾で、法律についてなどをしっかり学ぶことができる
  3. 社会労務士が開催している起業塾で、雇用などについて詳しい法律を学ぶことができる
  4. 税理士が開催している起業塾で、申告についての情報や知識を学ぶことができる

自分の持っていない知識を専門家から
学ぶという意味で、効果的です。
眉唾ものの誇大広告を掲げる企業塾や起業コンサルタントは
費用対効果として
高い費用を払う価値があるのか??

充分検討したほうがいいですね。

 

■サロンコンサルタントの選び方

コンサルタントのメリットは相談することで先ほどあげた4点について、
ある程度学ぶことが可能です。

 

さらに価格設定やメニュー表についての相談の他、
名刺や看板、地図表などの製作まで取り扱っているサロンコンサルタントもあります。

しかしコストは相応にかかってくるでしょう。
例えば、A4チラシ両面5,000部の作成で10万円、
ホームページを作成し、リーフレットや名刺、看板・・・
など言われるがままお願いしていくと膨大な費用になります。

 

コストをしっかり考慮し、いきなり誰かに決めることをせず、
スカイプコンサルティングをお願いしましょう。

実際に顔を見ながら話もできるのでお勧めです。
何人かお願いしたいコンサルタントの話を聞いて比較してから
決めるようにすることも、意外と抜けてしまうポイントです。