サロンオーナーになるための起業塾選びとは?

 

 

起業といってもいろいろなビジネスがあります。

その中でもエステサロンやネイルサロン、
美容室などのサロンオーナーは人気です。

実際に美容室などに勤めており、独立したいという夢を叶える方が多いわけです。

個人サロン、自宅サロンとして開業していくことになります。

 

ここで必要とされる力は何でしょうか。

 

技術力。
それは当然の答えです。
テクニックに自信があるからこそ起業したいという希望を持ったのだと思います。

しかし技術力だけでは美容師として活躍することができても、
経営が成功するとはかぎりません。

 

技術力と共に経営力が必要です。

経営者になるわけですから腕のいい美容師を雇えばいいだけの話なので、
どちらかといえば技術力より経営力の方が大切です。

 

経営力って何だろう。

そんなゼロからのスタートをするケースもあるでしょう。

起業コンサルタントに依頼する手段もありますが、
コストをかけずにノウハウを学べる起業塾に通うことを考える方が多いようです。

 

今回も引き続き、
「どんな起業塾に参加すべきか」「起業塾の落とし穴は何か」についてお伝えしていきましょう。

 

■最大の問題は集客

 

現代では様々なサロンがあり、様々なサービスを行っています。

エステ、ネイル、美容室の他にセラピストのお店を開業するケースもあります。

アロマテラピーや足ツボマッサージ、リンパマッサージなどのいわゆる
「ボディ系セラピスト」や心理カウンセラーなどの「心理系セラピスト」、
ハーブセラピストやフードセラピストなどもあります。

 

医療関係の資格があるわけではないので、基本的には「癒し」のサービスになります。

 

競争相手がいないような立地条件であれば目新しく新規の御客様も望めますが、
都心や大きな都市では競争が激化しており経営はたいへんです。

 

一番の問題はどうやって集客するかということになります。

方法はいくつもあります。

「チラシ」「ハンディング」「ポスティング」「ダイレクトメール」
などの昔ながらの告知の他に、

SNSを利用した「ホームページ」「ブログ」が現代では主流です。

 

しかし、どんなチラシが目をひくのか、
どんなブログだと見てもらえるのか、そのノウハウがありません。

 

サロンオーナーを目指すための起業塾では、このポイントを最もアピールしています。

 

つまり集客できるチラシやブログの作り方、
考え方をレクチャーしてくれるというわけです。

 

「ここで学んだオーナーは集客が30倍になった!」
「すぐに百万円を稼げるようになる」

といったインパクトのある宣伝をいくつも見かけます。

 

もちろん誇大広告もあるでしょう。
起業塾にとっても集客は最大の課題だからです。

 

ここでのポイントは
「実際にブログでかなりの成果を出している人のネット集客のやり方は確かに勉強になる」
という点です。

 

起業塾のうたい文句よりも、
火を見るより明らかです。

にも拘わらず、
そういったチェックを怠って、
起業塾に依存するパターンが非常に多いです。

 

SNSの活用は経営成功の鍵を握っていますので、
集客アップに割り切って実績のある人の起業塾に参加するのは有益でしょう。

その前に、

SNSを本当に効果的に活用できているかどうかは、
その人のブログを確認してみれば、実績は確認できます。